害虫被害

2012年12月11日 | 1件のコメント

いなばブルーベリーガーデン オーナーの宮部です

今日は、害虫にやられたブルーベリーの痛々しい姿を見て下さい。
今年の夏、ハイブッシュ系の主軸に見慣れない光景が・・・

主軸に、害虫が進入して食い荒らしているようです。
関係者に問い合わせてみると、カミキリ虫もしくは蛾の幼虫(滋賀県の農園で発生報告有り)ではないかと?
喰いかすをきれいに取り除いて、数日後に確認するとやはり喰いかすを発見。食べ続けているようです。
しかし、いくら探しても進入口が見つかる主軸はごくわずです。
蛾の幼虫のような主軸周辺を食害している様子でもなく・・・。

あ・・・ ありました脱出口が。これは、間違いなくカミキリ虫の脱出口です。かなりおおきい穴です。
しかも2個。木工ボンドを流し込みました。

脱出口が見つかったのも数本です。
症状は様々ですが、基本的に元気がなくなり、かなりの本数が枯れてしましました。
無農薬栽培だからとあっさりあきらめられません。

選定時に枯れた主軸を切ってみるとこのようなっていました。
枯れてしまうはずです。

切り取った主軸の下から20cm位のところをさらに切ってみるとなんともありません。

株元に近いところを重点的に攻撃しているようです。
現時点でこの害虫により20本以上が枯れたり悪影響を受けています。今後も影響がありそうです。
自然の中ではこのように、毎年新たな事象が発生します。
6年間の経験で、毎年5%~10%程度が枯れてしまう事を考えれば、その範疇かもしれません。
これからも、この栽培方法としっかり向き合って、前へ進んで行ければと思います。

害虫被害 への1件のコメント

  1. 菅原 より:

    これはひどい 大切なブルーベリーを穴だらけに 許せませんね
    自分も多数育てています。もう13年にもなります。当初の親木もやられて元気がありません。
    接木し

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Top